Ahlum Kim

Ahlum Kim / キムアルム

Photographer

1985年韓国生まれ。写真をちゃんと撮り始めたのは、恋人を撮るためだった。コンプレックスや怒りは人に会うことで乗り越えられると信じている。人間観察が趣味で、人の中にある魅力と物語を見つけることが得意。カメラより写真が好き。私にとって、生きるということは、常に何かを引き算して大事なものがくっきりと見えてくることだと思っている。
ポートレートを中心に、東京をベースに活動中。

Born in South Korea I moved to Tokyo alone at the age of 20. I started taking photography seriously when I wanted to take photos of someone I loved. I love photos more than I love cameras. I believe that I can overcome my fears and my complexes through meeting people. People-watching is my hobby, finding charm and stories in them is something I’m good at. As I think about life, subtracting what is unnecessary in life, really reveals what is most important.
My focus is portrait photography .